| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |
滞在したホテルについて
イギリス国内での携帯電話・パソコン使用について
シェットランド諸島でのレンタカーについて
Blue & Brown トップページへ

2010年8月14日



今回私が訪れたのは、イギリス北部のシェトランド諸島というところです。
日本からの直行便はないので、成田からロンドン、さらにロンドン(ヒースロー)からアバディーン、
アバディーンからシェットランド(サンバラ空港)と、国内線を乗り継いでいきます。



今日は、5時半おきで、オプショナルツアーに参加です。
「地球の歩き方」に載っていたオプショナルツアーは、ホームページもあってメールもできるのですが、
予約は電話でとのこと。困ったなーと思い、一瞬やめようかと思いましたが、
滅多に無いチャンスなので、勇気を出して電話しました。
参加費は1人55ポンドというところまでは分かりましたが、その後のスコティッシュ訛りの英語は
ほとんど聞き取れず・・・ 先方もそれが分かったらしく、「じゃあ、あなたが泊まっているホテルに
電話して、ホテルの人に詳細を教えるから、ホテルの人に聞いて」と言ってくれました。
そんなこんなで、どうにか予約完了。朝8時に、ラーウィックのバスステーション集合とことなので、
行ってみました。



こちらがバスステーション。
私達以外にも、いかにもツアーに参加するような 3人組を発見。
フランス語を話しているから、どうやらフランス人?



時間になって現れたのは、なんと普通の路線バス。
どうやらこれに乗って、ツアーの現地まで自力で行けということらしい。
終点までの間、普通にバス停に止まり、普通に一般客が乗り降りします。
集合場所に行けば、ガイドさんがバスに乗って待っていてくれるとばかり思っていたので、少々心配・・・



シェットランドのメインランドの北部までバスに乗り、そこからフェリーで、イェール島に向かいます。
島まではだいたい20分。でもまだツアーは開始されていません。



イェール島に着くと、送迎バスが待っていました。
先ほどのフランス人3人組が乗り込むみたいなので、私達もついていくことに。
ほんとにこれで合ってるのかな〜・・・
しかもそのフランス人、トレッキングでもするみたいな装備。
旅行バッグを肩から斜めがけにしている私達とは大違い。
まさか岩登りとかさせられるんじゃないだろうなあ・・・



今度は、イェール島からアンスト島までフェリーに乗ります。
乗っている時間は10分ほど。あいにくの天気で、空はどんより曇り空。
けっこう寒いです。私は、腰と足の裏にカイロを貼ってきました。 これは大正解。



いよいよツアーの行われる、アンスト島に到着です。
ちなみに、ここまではツアーではありません。
フェリーも送迎バスも、普通に一般客が乗っています。
ここからがツアーの開始・・・らしいです。

次へ→