| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |
滞在したホテルについて
イギリス国内での携帯電話・パソコン使用について
シェットランド諸島でのレンタカーについて
Blue & Brown トップページへ

2010年8月14日



アンスト島に着いて、どうしたらいいかとうろうろとしていると、
50代くらいの女性に、「Are you AKO?」と声をかけられました。
どうやらその人がツアーのガイドらしいです。
でもここで初めて分かったのですが、今回のツアーは、私達二人きりだそうです。
さっきのフランス人たちは、別のガイドさんとさっさと出発。
私達は、女性ガイドさんの普通の乗用車に乗せられて、早速ツアーの開始となりました。



アンスト島の風景。ほんとに、どこもかしこも、こんな感じです。



道路わきの牧草地には、このように野生のシェットランドポニーや羊達がたくさんいます。
車を走らせていると、ポニーや羊達がのんびりと道路を横断。
シェットランドの人は、動物には滅多に クラクションを鳴らしません。
ガイドさんが車の窓を開けてポニーに呼びかけると、嬉しそうに近寄ってきて、
車の中に顔を入れてきました。



最初に連れて行ってもらったのは、名前は忘れましたが、古城でした。
ジェームズ3世がなんとか・・・と言っていたような・・・



看板を見ると、16世紀に建てられたものらしいです。





こちらは、イギリス最北端の郵便局。
店員さんが半袖だったので、「寒くないですか?」と聞いたら、
「そうかしら?大丈夫よ」と、あっさり。皮膚感覚が違うのかしら?



こちらは、アンスト島の小学校。
壁にカラフルな四角がいくつかありますが、この中の1つに、漢字で「平和」と書いてありました。

次へ→